日本の伝统文化の素质を兼ね备えた国际的な人材を日本语教育を通じて育成します。
    言語を選択して下さい
  • Japanese
  • Chinese
  • English
  • Taiwan
  • Korean
  • Vietnam

ピアブリッジ国際学院

連絡先 06-6459-9657
活動の回顧

日本語専攻の学生はどうやって正確に留学の道

2020-04-25 15:38 作者:admin 浏览:
日本留学を申請する人の中で、日本語専攻の学生はずっと大きなグループですが、日本語専門の学生に頭を痛めているのは、多くの人が「日本語を勉強している人は日本に行ったら専門がない」と言っています。このような考えは多くの日本語科の学生を瞬間的に涙を流すことができます。今日はみなさんに日本語専攻の学生が留学する最大の二つの問題をまとめます。
1.そもそも語学学習は必要ですか?
この問題については、多くの日本語専門の学生、特にN 1クラスの学生を通して、私は言語学校を読まないと断固として言います。言語学校は私達が想像しているように日本語を教えるだけですか?
まず、皆さんに教えたいのは正常な日本人の語彙量が3万以上であることです。私達は自分の特にN 1がクラスメートの語彙量を通じて、言語学校の最大の機能は学生の日本語を「外国人」から「日本人」に変えることです。それ以外に、進学指導も語学学校の重要な仕事です。
N 1を通した学生に対しては、やはり語学学校でしばらく勉強することを勧めます。日本語をさらに高めて、日本大学院を受験したら、もっと有利だと言えます。
2.専門はどうやって選びますか?
語学を勉強している人が海外に行くと専門がないとしたら、国内で中国語を勉強している人は並んで屋上に上がってはいけませんか?
自分が読んでいいと思う経済、経営管理などを選んではいけません。多くの人が先に大学院生を申請してから、院生になりたいです。
みんなは本科が基礎教育の段階であることを知っています。各専門の基礎を学んでから修士の段階に入ります。
しかも日本の修士は申請していません。全部「試験」です。
試験の内容は修士課程の専門課程です。すみません、専門的な基礎がないですが、どうやって試験を受けますか?角度を変えてこの問題を考慮して、留学はもちろん就職に行きます。日本で就職する時は文理が分かれるのが普通です。理工類は技術や専門の職種が多いです。文科類の就職は比較的に広いですから、ビジネス科の経済経営だけが就職しやすいと考えてはいけません。日本語専門の学生は日本語が一番有力な武器です。これを放棄してください。武器は自分の一番弱いものを使って他の専門学生と最強の専門分野で勝負したら負けてしまいます。
ですから、日本語専攻の皆さんは留学すれば、安心して大胆に日本文学類を勉強します。文化は教育など国内専門と関連しています。
日本語専攻の学生には、必ず実際に即して合理的に自分の日本語能力を評価してください。もし本当に日本語のレベルが高いなら、国内で直接日本語関連の専門の大学院生(傍聴生)を申請してから修士を受験することも考えられます。
つまり、学習の過程では、歩く近道がなく、時間を無駄にしないのは自分に時間を短縮することです。



  •  大阪梅田より阪神本線10分「千船駅」出口から徒歩7分。

     大阪シティバス42番「大和田三丁目北」下車すぐ。
     

    ※ ピアブリッジ国際学院


    〒555-0032 大阪府
    大阪市西淀川区大和田3丁目7番11号
    (事務)メール:peerbridgejimu@outlook.com  
    (教務)メール:peerbridgekyomu@outlook.com 


    24時間コールサービス

    06-6459-9657