日本の伝统文化の素质を兼ね备えた国际的な人材を日本语教育を通じて育成します。
    言語を選択して下さい
  • Japanese
  • Chinese
  • English
  • Taiwan
  • Korean
  • Vietnam

ピアブリッジ国際学院

連絡先 06-6459-9657
活動の回顧

これらの「言語要求」を把握して、日本に留学

2020-04-25 15:35 作者:admin 浏览:
日本の語学学校の申請では、日本のビザ政策の変化に伴い、「経済資料」の審査から「学力」の審査に重点が置かれ、日本語のレベルが日本留学ビザ申請の重要な検討要素となっています。もとは、日本の言語学校と入管局の日本語の方面の審査は:日本語の学時証明を提供してと電話の調査を行って、今学生に相応する日本語の試験の成績を提供するように求めます。直接に専門科目に入ることを申請する学生は、学校のレベルを選ぶことによって、日本語能力の要求も千差万別です。以下は私個人が経験と政策の調整に基づいて行う分析です。
今年の高校、短大及び本科卒業生にとって、各入管局は学生にjtest試験のF級以上、NAT試験の4級以上または日本語能力試験の4級以上の成績を提供するように要求しています。の成績です。ほとんどの言語学校は以上の日本語の成績を要求しています。個別のトップレベルの語学学校の要求はもっと高いかもしれません。学生が以上の日本語の成績を提供できれば、学校の採用と在留の申請の成功率はきっと一段階アップします。しかし、上記の成績が出ないわけではなく、ビザが全く希望されないわけではなく、入国管理局はまた学生の成績によって申請者が一生懸命日本語を勉強しているかどうかを判定し、日本に入る能力があるかどうかを判断します。
専門学校、短期大学、大学:これらの学校は原則として、日本語能力試験2級の成績またはjtest試験D級以上の成績を学生に提供することを要求しています。もし学生が相応の証明書を持っていないなら、これらの学校の日本語試験も二級に近いレベルです。このような申し込みは学生には勧めませんので、うるさくしません。
「研究生」、「大学院」:このような申請は普通日本語能力試験の成績だけを受けます。
1.文系の学生。日本語科の学生は日本語能力試験一級の成績を備えています。法学、管理学及び経済学に関する専攻の学生は、日本語能力試験2級以上の成績を提供します。
2.理工・農・医学系の学生。日本語が上手で、2級レベルがあります。3級以上の成績を提供できます。
3.芸術系の学生。日本語2級以上の成績が必要です。
学生が学校と専門を選ぶことによって、また学生の専門科目、専門レベルと英語の成績を結び付けて、日本語の要求を確定します。ですから、具体的な状況を分析して、今の日本語のレベルが日本に申請できるかどうかを確認します。



  •  大阪梅田より阪神本線10分「千船駅」出口から徒歩7分。

     大阪シティバス42番「大和田三丁目北」下車すぐ。
     

    ※ ピアブリッジ国際学院


    〒555-0032 大阪府
    大阪市西淀川区大和田3丁目7番11号
    (事務)メール:peerbridgejimu@outlook.com  
    (教務)メール:peerbridgekyomu@outlook.com 


    24時間コールサービス

    06-6459-9657